メディタイム利用規約

 

第1条(本規約について)

本規約は、株式会社メディボヤージュ(以下「当社」といいます)が「メディタイム」のサービス名で提供するウェブサイト、アプリケーション、ドキュメント、その他一切の製品およびサービス(以下「本サービス」と総称します)を利用して頂く利用者(以下「利用者」といいます)に適用されます。利用者は本規約に必ずご同意頂き、ご利用下さい。

また、利用者が本サービスを利用した場合は、本規約に同意したものとみなします。

 

第2条(規約の変更・改訂)

本サービスの向上のため、本規約は変更されることがあります。この場合、当社は本規約を利用者への事前の通知なく変更できるものとします。変更後の本規約は、当社が運営するウェブサイト内の適宜の場所に掲示された時点からその効力を生じるものとし、本規約の変更後に利用者が本サービスの利用を継続することにより、利用者は変更に同意したものとみなします。

 

第3条(本サービス利用上の注意)

1.      本サービスを利用するためには、インターネットに接続可能なスマートフォン(iPhoneもしくはAndroid)とインターネットに接続するための設備(以下「設備等」と総称します)が必要となります。設備等の準備は利用者にて、自己の責任と費用負担とにおいてご用意いただき、本サービス利用時には設備等を常に正常に稼動させるように維持していただく必要があります。

2.      利用者は本サービスの予約機能とテレビ電話機能を利用して、第三者の医療機関や企業(以下「サービス提供者」と総称します)の提供するサービス(以下「提供サービス」といいます)を、当該サービス提供者から利用権を取得したうえで、受けることができます。

3.      利用者は本サービスおよび提供サービスの利用権を第三者に譲渡することはできません。

4.      本サービスの著作権その他の知的財産権およびその使用を許諾する権利は、当社に専属的に帰属します。

5.      当社は、本サービスの提供に関して必要となる義務の全部または一部を当社の判断にて第三者に委託することができるものとします。この場合に、利用者より取得した情報の一部または全部の管理も委託されることがあります。

 

第4条(利用者登録) 

1.      本サービスの利用を希望する者は、本規約に同意した上で、当社の定める方法に従って利用者に係る登録(以下「利用者登録」といいます)を行い、専用アプリケーション「メディタイム」をスマートフォンにインストールしていただく必要があります。

2.      利用者登録には、利用者登録用の専用サイトにて、氏名、生年月日、性別、メールアドレス、電話番号、その他当社の定める事項を入力する必要があります。

3.      当社は、利用者登録を行う者が以下に定める事由のいずれかに該当する場合に、利用者登録を拒否することができるものとします。また、利用者登録が拒否または抹消された場合であっても、当社はその理由について説明する義務を負わないものとします。

(1)    当社に提供された情報の一部または全部に虚偽の記載や記載漏れがあった場合

(2)    本規約に違反する行為を行うおそれがある場合、または過去に本規約に違反した事実が判明した場合

(3)    反社会的勢力(暴力団、暴力団構成員、暴力団関係者、暴力団関係企業・団体、総会屋その他の反社会的勢力をいいます。以下同じ)に属する、または何らかの関与を行っていると当社が判断した場合

(4)    その他当社が不適切と判断した場合

4.      提供サービスの利用を希望する者は、別途、サービス提供者より所定の手順に従って利用権を取得する必要があります。その際に、必要に応じて本人確認および資格確認のための書類(運転免許証や健康保険証等)の提示を求められる場合があります。

5.      利用者は、登録内容に変更が生じた場合には、当社が定める方法によって速やかに変更を行うものとします。利用者が登録内容の適切な変更を行わないことにより、利用者本人、サービス提供者、当社または第三者に損害が生じた場合、利用者がその責を負うこととします。

6.      利用者登録後に、同一人物による複数登録が判明した場合に、当社は事前の通知をすることなく、複数登録内容の集約または利用されていない登録の抹消ができるものとします。

 

第5条(利用者登録の削除・除名)

1.      利用者は、利用者登録の削除を希望する場合、当社が定める方法によりいつでもこれを行うことができるものとします。

2.      当社は、利用者が以下に定める事由のいずれかに該当する場合、またはそのおそれがあると当社が判断した場合に、事前に通知をすることなく、利用者登録を削除することができるものとします。この場合に、当社はその理由について説明する義務を負わないものとし、また、当該利用者登録の削除によって利用者に損害が生じた場合にも、当社はいかなる責任も負わないものとします。

(1)    利用者が本規約に違反した場合

(2)    当社に提供された情報の一部または全部に虚偽の記載や記載漏れがあった場合

(3)    反社会的勢力に属する、もしくは何らかの関与を行っていると当社が判断した場合

(4)    提供サービスの料金を支払わず、また、サービス提供者または当社からのメールおよび電話その他の方法による催告に応じなかった場合

(5)    その他当社が利用者として不適切と判断した場合

3.      前二項の定めに基づき利用者登録が削除されたときは、当社は、本サービスの一切の提供を中止し、また、利用者は、取得していた全ての提供サービスの利用権を同時に失効するものとします。また、提供サービスの予約があった場合、自動的にこれがキャンセルされるものとします。

 

第6条(料金等) 

1.       利用者は、本サービスを利用してサービス提供者の提供サービスを受けた場合に、予めサービス提供者が定めた料金(以下「サービス利用料」といいます)を、サービス提供者に対して直接支払うものとします。

2.      サービス提供者へのサービス利用料の支払い方法は、サービス提供者が予め定めた方法、または利用者とサービス提供者との間でサービス提供毎に取り決める方法とします。利用者は提供サービスを受けた後に、速やかにサービス利用料を支払う義務を負うこととします。

3.      サービス利用料についてクレジットカードでの決済を行う場合に限り、当社または当社の定める第三者の収納代行業者が収納を代行します。利用者は、提供サービスを受けた後に、当社より送信を受けたクレジットカード決済用のメールに記載されたところにしたがい、速やかにサービス利用料を支払うものとします。

4.      設備等の購入費用、インターネット接続費用、本サービスに関するメール等のパケット通信費用、本サービス利用時のテレビ電話のパケット通信費用、その他第1項に定めるサービス利用料以外の費用は、全て利用者が負担するものとする。

 

第7条(サービスの利用) 

1.      利用者は、提供サービスに係る予約をサービス提供者との間で行ったうえで、本サービスを利用して提供サービスに係る当該予約の確認と、当該予約に基づいたサービス提供者とのテレビ電話を行うことができます。

2.      利用者は、予約時間までに専用アプリケーション「メディタイム」を起動し、サービス提供者からのテレビ電話接続を受け付けることができる状態(以下「スタンバイ状態」といいます)にするものとします。スタンバイ状態に限り、サービス提供者は利用者とのテレビ電話を開始することができます。

3.      利用者は、スタンバイ状態においてサービス提供者からのテレビ電話接続を待つのみとし、利用者からテレビ電話接続を開始することはできません。

4.      利用者が予約時間になってもスタンバイ状態としなかった場合、テレビ電話が開始されないことがあります。テレビ電話が開始されなかったことによって利用者に損害が生じた場合にも、当社及びサービス提供者はいかなる責任も負わないものとします。

5.      利用者は、予約のキャンセルまたは変更を希望する場合、サービス提供者へ直接連絡しこれを行うものとします。

6.      利用者は、未払いのサービス利用料がある場合には、以降のサービスを受けられないものとします。

7.      利用者は、利用者が所有する複数スマートフォンにアプリケーション「メディタイム」をインストールして本サービスを利用することができます。但し、本サービスは利用者本人のみの利用とします。

 

第8条(禁止事項) 

利用者は、本サービスの利用にあたり、以下の行為を行ってはならないものとします。

(1)    虚偽又は不正確な情報を当社またはサービス提供者に対し提供すること

(2)    本サービスを犯罪行為、不正な利益を得ようとする行為、その他反社会的行為に用いること

(3)    犯罪的行為若しくは犯罪的行為に結びつく行為又はそのおそれのある行為

(4)    わいせつ・嫌がらせ・中傷的表現・暴力的表現・出会い目的行為

(5)    第三者になりすます行為

(6)    利用者が利用権限を有しない端末へのアプリケーションのインストールおよび本サービスの利用

(7)   本サービスまたは提供サービスの利用権の第三者への譲渡

(8)    ID・パスワードの第三者への提供その他不正に使用する行為

(9)    ハッキング、サーバーやネットワークに大きな負荷をかける等、他の利用者の利用やサービス提供者および当社の運営を妨げる行為

(10) コンピュータウイルス等の有害なプログラムを本サービスを通じて、または本サービスに関連して使用しもしくは提供する行為

(11) リバースエンジニアリング、逆コンパイルまたは逆アセンブル、修正、改変、翻訳、その他改造行為

(12) 他の利用者、当社又はサービス提供者の従業員その他当社の事業に関わる一切の関係者(以下「関係者」と総称します)を誹謗、中傷又は侮辱する行為

(13) 当社又は関係者が有する著作権、商標権その他の知的財産権を含む一切の財産的権利、営業上の秘密、名誉、プライバシー等を侵害する行為

(14) 当社又はサービス提供者の業務・営業を妨害する行為、または社会的信用もしくは評価を毀損する行為

(15) 本規約および本サービスの趣旨又は目的に反する行為

(16) その他、法令もしくは公序良俗に反する行為、そのおそれのある行為、または当社が合理的な理由に基づいて不適切と判断する行為

 

第9条(免責) 

1.      当社は、利用者に対して、本サービスを現状有姿で提供するものとし、本サービスに瑕疵・バグ等が存在する場合、システムの過負荷または不具合等により本サービスの利用または提供が停止する場合、その他本サービスが完全に利用できない場合でも、これに対して一切保証せず、利用者に対して何らの責任を負うものではありません。

2.      当社が必要と判断した場合には、利用者に事前に通知することなく本サービスを変更、停止または中止することができるものとします。当社は、本サービスを停止または中止することで利用者に生じた損害について、一切責任を負わないものとします。

3.      当社は、サービス提供者から利用者に提供される提供サービスの内容および結果について何ら保証するものではありません。また、提供サービスの利用において利用者に生じた損害について、当社は一切責任を負わないものとします。

4.      提供サービスに関連して生じた苦情、請求、紛争等については、利用者およびサービス提供者との間で解決するものとし、当社は、これらの紛争等について、なんらの責任を負わず、また、その解決に関与する義務を負わないものとします。

5.      本サービスおよび提供サービスの利用に要する設備等の用意および維持は利用者が自己の責任および費用負担で行うものとします。

6.      当社は、設備等の故障、システム障害、ネットワーク障害、停電、その他の不可抗力による障害について、利用者に対して一切責任を負わないものとします。

 

第10条(損害賠償額の制限) 

1.      利用者が、本サービスに関し、本規約に則った利用であって、当社に故意または重過失が存在することにより損害を被った場合に限り、当社に対して損害賠償を請求することができます。

2.      前項の定めにかかわらず、本サービスの利用に関連して利用者が被った損害につき、当社が、軽度の過失による債務不履行責任又は不法行為責任を負う場合には、当社は、利用者に現実に発生した直接かつ通常の損害に限り、これを賠償する責任を負うものとし、特別な事情から生じた損害(損害の発生を予見し又は予見し得た場合を含みます。)については、責任を負わないものとします。

 

第11条(個人情報の保護) 

当社は、本サービスの利用に関連して当社が知り得た利用者の個人情報について、別途定めるプライバシーポリシーに従って適切に取り扱うものとします。

 

第12条(知的財産権等) 

本サービスにおいて当社が提供するコンテンツ、画面デザインその他の著作物の著作権は、当社または当社が定める法人もしくは個人に帰属するものとします。

 

第13条(条項の分離独立)

本規約の各条項に無効もしくは有効性に疑義が生じた場合においても、他の条項は引き続き有効に存続するものとします。

 

第14条(権利義務の譲渡の禁止)

利用者は、本規約に基づいて生じる権利若しくは義務、又は本規約上の地位を第三者に譲渡、承継、担保設定、その他一切の処分をすることはできません。

 

第15条(事業讓渡等の場合の取扱い)

当社が、本サービスに係る事業を第三者に譲渡し、又は合併若しくは会社分割等により本サービスに係る事業を承継させたときは、当社は、当該譲渡等に伴い、本契約上の地位、権利及び義務並びに登録情報その他の利用者に係る情報を当該譲渡等の譲受人等に承継させることができるものとします。利用者は、かかる譲渡等につき本条において予めこれに同意したものとみなします。

 

第16条(協議解決)

本規約に定めのない事項および本規約に関して利用者と当社との間で問題が生じた場合には、利用者と当社で誠意をもって協議し、解決を図るものとします。

 

第17条(専属的合意管轄裁判所)

本規約および本サービスに関する一切の紛争については、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所として解決するものとします。

 

第18条(準拠法)

本規約に関する準拠法は日本法とします。

 

以上

 

201681 施行

2017213 改定